便が出るしくみ

便が出るしくみ

食べたり飲んだりしたものが便となって排出されるしくみについて知っておきましょう。

 

@「口から胃へ」
食べたものは最初口に運ばれます。そして歯で噛むことで細かく砕かれ、だ液と混ざり消化しやすい状態へと変わります。そして飲み込むことで食道を通過し胃へと運ばれます。胃へとたどり着いた食べ物は胃液によって消化されます。

 

A「胃から小腸へ」
胃で消化されたものは次に小腸に運ばれ、ここで分解・消化されます。ここではタンパク質や脂質・炭水化物などのほとんどの栄養素が吸収されます。

 

B「小腸から大腸へ」
小腸で栄養素を吸収された食べ物は次に大腸へと運ばれます。小腸でほとんどの栄養素を吸収してしまっているので、大腸に到達する時にはドロドロの粥状になっています。大腸には消化機能はほとんどなく、ここでは水分を吸収します。約1,5メートルある大腸を通り抜ける間にほとんどの水分が吸収され、便という形になります。

 

C「大腸から直腸へ」
大腸で便の状態になった食べ物は、次に直腸へと運ばれます。直腸内に便が溜まってくると、腸内が圧迫され脳に「便が来た」という指令が出されます。この指令により、直腸内のぜん動が強くなり、肛門筋がゆるみ便が排出されるのです。

 

以上が便が出る仕組みです。

 

便秘がちの人は特にCに問題があります。脳から指令を受けてぜん動運動が強くなっても、何らかの原因で感覚が鈍くなり便意を感じないでいることが便秘になってしまう原因となっています。